アイスランドクローナ債とは? アイスランドクローナ(ISK)でFX・スワップ金利で資産運用術



・アイスランドクローナ/円 日中チャート アイスランドクローナ/円

・アイスランドクローナ/円 5日チャート アイスランドクローナ/円

アイスランドクローナ建て債券は高金利?

円の金利がまだまだ低迷している今、外貨建ての金融商品が人気です。中でも、債券とFXは投資初心者にも人気です。

外貨建ての債券では、「南アフリカランド建て世界銀行債」や、「米ドル建てゼロクーポン債」などが知名度が高いのではないでしょうか。

アイスランドクローナ建て債券も発売になりました。

高金利のアイスランドクローナ建て債券は、これからますます注目されます。

国内の債券よりも、外貨建ての債券のほうが利回りがよく、人気を集めているようです。また、外貨建て債券は、投資信託にも組み込まれたりしています。

そして、アイスランドクローナは、債券は、FXでも人気です。

アイスランドクローナは、トルコリラや、南アフリカランドなどと同様、高金利通貨の一つです。
アイスランドクローナは、最近対円での取引ができるようになったので、取引している人も増えてきました。

アイスランドクローナは、ISKと表記され、アイスランドの通貨単位です。アイスランドクローナが円で取引可能の業者はまだ少ないので、取引がしたい人は探してみるといいと思います。

アイスランドクローナ建て債はいかがですか?

外貨建ての金融商品として今人気が高いのは、債券です。円の金利が低い今は、外貨建てに人気が集まるのは当然の結果です。

債券では、「南アフリカランド建て世界銀行債」や、「米ドル建てゼロクーポン債」「ユーロ建て債」などは、聞いたことがある人も多いと思います。
どれも、銀行に預けておくよりはとてもいい利回りで運用できます。

アイスランドの通貨、アイスランドクローナ建て債もまた、高金利の商品として登場しました。

アイスランドクローナ/円のレートも低いので、アイスランドクローナ建て債も買いやすい価格となっています。

ただ、流通が少ないアイスランドクローナ建て債なので、中途解約などは無理な場合があります。

外貨建てのアイスランドクローナ建て債ですから、リスクもないわけではなく、元本保証もありません。

ただ、年利10%以上ときけば、アイスランドクローナ建て債、ちょっと考えて見ませんか?

アイスランドクローナ債券は高金利

元本割れする可能性が低い投資方法として人気を集めている債券。しかし、債券といえば「国債」。いわゆる、日本の債券だけでは視野が狭すぎます。

債券は色々な国のものが存在しています。
その債券ばかりを集めた投資信託なども存在していますが、証券会社で直接購入することも可能です。

特にいま人気はアイスランドクローナ債券です。
アイスランドクローナ債券が人気の理由は、年率の高さにあります。アイスランドクローナ債券はなんと、年率10.45%もあるのです。

アイスランドクローナ債券は、「エイチ・エス証券」という会社で購入可能です。

アイスランドクローナはレートも低いので、アイスランドクローナ債券としても購入しやすい価格だと思います。

ただし、外貨建て債券ですので、変動リスクは付き物です。
しかし、円の定期預金や円の債券購入ばかりだけでなく、アイスランドクローナ債券など、外貨建ての債券を購入してみるのも勉強になると思います。

アイスランドクローナ債はどう?

投資に興味のある人は、今、アイスランドクローナに注目が集まっているのはすでに知っていると思います。それは、アイスランドクローナの高金利によるものです。

アイスランドクローナといえば、FX取引での人気だけだと思いがちですが、FXだけではなく、アイスランドクローナ債としても人気を集めています。

アイスランドクローナ債は、「エイチ・エス証券会社」というところから発売されています。

この証券会社では、トルコリラなどの債券も発売されており、人気があったため今回はアイスランドクローナ債を発売するにいたったようです。

アイスランドクローナ債は、年率10.45%ととても高金利のため、すぐに完売してしまう可能性もあります。

円の金利が低い今は、円の債券だけでなく、アイスランドクローナ債のような、高金利の債券を購入するのが投資家の間では常識になってきたようです。

アイスランドクローナ国債はどう?

FXで、「ISK」と表記されているのは、「アイスランドクローナ」です。このアイスランドクローナとは、アイスランドの通貨です。

FX取引では、アイスランドクローナが今、とても人気です。
それは、アイスランドクローナのスワップ金利の高さにあります。

今まで、アイスランドクローナを耳にするのは、アイスランドへの旅行者か、海外の国債がメインの投資信託だけだったのではないでしょうか。

円の定期金利が低い今は、国債を買う人も多いようです。
国債の方が少し利率がよく、リスクも少ないと思うからです。そして、もっと利率がよく、リスクの少ないものを求めている人は、海外の国債ばかりを集めたような投資信託を買うそうです。それは、日本の国債よりも、海外の国債のほうが利率がいいからです。
しかし、そういう国債や投資信託にもリスクはかならずあります。

アイスランドクローナ国債の販売も始まっています。